お肌の調子や体調に合わせて洗顔料を使い分け

お肌の調子や体調に合わせて洗顔料を使い分け

27歳/女性 「めるか」 さん

 

洗顔料は一種類だけのものに絞るのではなく、そのときの体調や肌の調子に合わせてさまざまなものを使用しています。特に女性の場合は、月経の周期によって肌の調子が著しくことなってくることもあるので気をつけたいところです。私の場合は生理前になると皮脂が分泌されるようになって、肌トラブルが増えてきます。ニキビや吹き出物ができやすくなったり、乾燥しやすくなったり、鼻の頭のポツポツとした黒ずみがひどくなったりなど、トラブルが絶えません。逆に生理後は肌の調子が良くなるので、ここぞというときの洗顔料を使用しています。

 

そんな調子で日々変えている洗顔料なのですが、基本的なものはドイツのお土産で買った、羊のミルクを使用した石鹸を使用しています。泡ネットでふわふわに泡立てて、キメなめらかな泡ができたら、人差し指で丁寧に肌の表面を泡でなでるように洗顔していきます。あまりここで擦ってしまったり、ガンガン洗顔してしまうと肌を痛めると聞いたので、丁寧に優しく行っています。逆に夜になるとほとんどクレンジング剤でメイクを落としてしまうので、あまり念入りな洗顔はせずに、さっと済ませてしまうことが多いです。これにはダブなど市販の洗顔料を使っていて、ポイントを落とすくらいでほぼ水で洗っています。

 

一時期はハウスオブローゼから出ている美白固形石鹸を使用していました。お値段はそれなりにするのですが、肌が白くなった感じがして良かったです。金銭的な理由でやめてしまったのですが、また試したいと思っています。そのほかにもスウェーデン ヴィクトリア社の『エッグホワイトソープ』も美白におすすめな石鹸です。基本的にはオーガニック系のものが好きなので、洗顔料は石鹸を使用することが多いです。生理前は肌が乾燥しやすいので、『天使の優しさ』というラッシュのクレイ石鹸を使用しています。洗顔料はずっとこれを使用してればいいということもないと思うので、体調や時期に合わせた洗顔料を選ぶことをおすすめします。